常盤平幼稚園

幼稚園のブログ

イメージ

「こどものむら」へのお誘い

2020年01月24日

大きいクラスのこどもたちから、小さいクラスのこどもたちへ
「こどものむら」へお誘いをしました。

IMG_5371

まずは5歳のクラス うみぐみ、そらぐみのこどもたちが、

3歳のクラス つきぐみさんを「こどものむら」にお誘いしてみない?
つきぐみさんになにをやってもらう?
レストランがいいかな?
と話し合います。

だいたい話が決まったら
今度は4歳のクラス うめぐみさんに相談しにいきます。
つきぐみのこどもたちは、まだ「こどものむら」がどういうものか知りません。
「こどものむら」ってなんだろう?どんなもの?
どうやって伝えたらいいかな?

つぎに、つきぐみさんのところへ行って、
うめぐみさんのお部屋へお誘いします。

うたをうたって、つぎぐみさんをお迎えする大きいクラスのこどもたち。
どきどきしているつきぐみさんに
「レストランをやってみない?」と提案します。

さいごはみんなで「こどものむら」のうたをうたって、お開きです。
みんなでどんなこどものむらを作っていくのか、心を踊らせるこどもたちです。

etc

3学期 こどものむらが始まります

2020年01月24日

冬休みが明けると、大きいクラスの子どもたちから
「こどものむら したい!」と声があがります。

様々な経験を積み重ねてきた仲間たちの、1年の集大成ともいえる、3学期 こどものむらを創る生活の始まりです。

こどものむらに、どんなものがあったら たのしいかな?
「がっそう!」
「げきが したい!」
「やっぱり のりものが おきゃくさんを つれていってあげなくちゃ」
今までの楽しかった経験から 話が始まりましたが、

「おきゃくさんに えをかいてもらって、それをかざるのは どう?」
「てんらんかい みたいなかんじかな?」「びじゅつかん!」「はくぶつかんも あったらいいな!」

「ぷらねたりうむ みたいに、うちゅうとか ほしを いっぱいおへやにかざって、おきゃくさんを あんないしてあげたい」

今までになかったことも やがて膨らんできて、

kodomonomura_idia

こどものむらのアイディアを描きだすこどもたち

白く大きなキャンバスに、こどもたちは、これからどんな世界を描いていくのでしょう。

そして、今年は、この仲間でどんな村を創っていくのでしょう。

楽しみです!

etc

12月9日(月)

2019年12月09日

今日は、5歳のクラスそら組さんが、劇を見せて下さいました。うみ組さん、うめ組さん、つき組さんがお客さんになって、たくさん見にいきました。

お客さんがいると、劇をする方たちにも、劇を見る方たちにも、たくさんの刺激があります。

IMG_3320

劇が終わると・・・

「きょうは、みにきてくれて、ありがとう!」

「みせてくれて、ありがとう!」

「どうだった?」

と、こどもたち同士で、話し合いが始まりました。

その話し合いのすごいこと!

「ここをこうしたほうがいいとおもうよ。」

「ここがよかったよ。」

と、見て、気づいたこと、感じたことを、自分の言葉で、真剣に伝えて下さるこどもたち。そして、その言葉の一つ、一つをしっかりと受け止めている子どもたち。

きっと、もっともっと素敵な劇になることでしょう。
楽しみです。

etc

絵本とわらべうたを楽しむ会

2019年12月05日

先日、入園前の子どもたちとお母さま方を対象とした『絵本とわらべうたを楽しむ会』を開きました。

IMG-3120未就園児のクラス 『母と子の絵本の時間』の専任の先生の白鳥先生です。

IMG-3117

IMG-3118

IMG_1592

IMG_1599

IMG_1596

たくさんの方が集まって下さり、共に楽しいひと時を過ごしました。

etc

10月24日(木) さようなら

2019年10月24日

しょうぶ公園に繰り広げられた「天の火をぬすんだウサギ」の世界。

いつものしょうぶ公園が、火のない、さむいさむい森となり、どうぶつたちが必死の想いでつないだ火を手に入れた時、本当にあたたかな世界となりました。

しょうぶ公園という広い空間に、一つの世界を生み出してしまうほどのこどもたちの想像力、そしてそれは、仲間がいることでさらに広がりをみせました。

みんながいたからこそ、創り出せた世界です。

- - - - -

先日、「天の火をぬすんだウサギ」の仲間で中庭に集まり、森に隠した火を囲み、さようならをしました。

IMG_1087

IMG_1083

IMG_1077

クラスの垣根を超え、それぞれの仲間と過ごしてきた1ヶ月半。新たな出逢い、たくさんの関わりがあったからこそ、さようならの言葉はさみしいけれど、一人ひとりの心の中に、たくさんの想いは残り続けることでしょう。これからの生活が、楽しみです。

心あたたかなひとときを共につくって下さったお母さま、お父さま、そして、会場にいらして下さった皆様に感謝の気持ちがいっぱいです。ありがとうございました。

- - - - - - - - - - - - - - -

2学期の始まりと同時に、運動会を創る生活が始まり、『天の火をぬすんだウサギ』の生活、ポスター作り、仲間と話し合いながら、一つ一つ創り上げてきました。

この、一ヶ月半という時間をかけて、運動会を創ってきた毎日が、こどもたちにとって、運動会そのものなのかもしれません。

 

 

etc, 運動会

Copyright© 常盤平幼稚園 | Tokiwadaira kindergarten All Rights Reserved.