常盤平幼稚園

̈

C[W

月別アーカイブ: 2018年9月

あかくんとまっかちゃん

2018年09月21日

3歳のクラスつきぐみさんと楽しんだ絵本です。 IMG_8030
『あかちゃんとまっかちゃん』
長谷川摂子文
田宮俊和構成
(福音館書店)

スイス ネフ社の「リグノ」という美しい色彩のシンプルな積み木の絵本です。あかくんはお兄さん、まっかちゃんは妹です。まっかちゃんは、きいろいスカートをはいています。最初は、「どれがおにいさん?」「これがおかあさん?」「これって、テーブル?」と、確認していたつきほしさんでしたが、積み木の世界に慣れてくると、目を奪われ、公園の遊具を見回し、
「あっすべりだい」「あっシーソーだ」と楽しんでいます。

あかくんとまっかちゃんは、シーソーで遊んだり、ジャングルジムで遊んだり。かくれんぼでかくれたまっかちゃんが、すごいものを発見。お兄ちゃんを呼びます。そこには、大きな長い長いきょうりゅうがいて・・・。

兄弟が遊びに行って帰ってくるという、シンプルな行って帰るお話ですが、積み木が様々な姿になって語るお話は、とても魅力的で、1冊目の『ぼうしころころ』と共にこどもたちをとりこに
する絵本です。

てつたくんんとじどうしゃ

2018年09月14日

3歳のクラス ほしぐみさんが図書館で楽しんだ絵本です。
IMG_8024
『てつたくんのじどうしゃ』
わたなべしげおさく
ほりうちせいいちえ
(こどものとも 福音館書店)

てつたくんがあるいていたらね、くるまが4つもころころころがってきてね、ぱたんところび、次にぼうが2本とんとんとんとんやってきてくるまのしんぼうになってころがりだしたよ。そしたら・・・と、つぎつぎに、じどうしゃに必要な部品がやってきて、てつたくんのじどうしゃは、出来上がっていきます。

そして、できあがったじどうしゃにのせてあげたのは・・・?

余白いっぱいのイラストとリズム感のあることばに、ほし組さん全員がシーンと聞き入ったお話でした。

コートニー

2018年09月07日

5歳のクラス そらぐみさんと一緒に楽しんだ1冊です。IMG_7724

『コートニー』
ジョン・バーニンガム さく
たにかわしゅんたろう やく(ぽるぷ出版)

野犬収容所の犬を何とか…と思っている姉弟が、両親を説得にかかり、コートニーというどんな犬か、どこからきたか誰も知らず、もらい手のいないじいさん犬を連れて帰る。両親は、初めは渋い顔だったが、コートニーは、大きなトランクを持ち込み、シェフ、ウェイター、バイオリン弾き、曲芸師・・・と家族の一員となって、大活躍。家族との平和な暮らしが続くが、ある日突然姿を消す・・・。

Copyright© 常盤平幼稚園 | Tokiwadaira kindergarten All Rights Reserved.