常盤平幼稚園

ct̃uO

C[W

カテゴリー別アーカイブ: etc

5歳児 大のぼり

2016年04月26日

 

 

新しい生活が始まった子どもたち。
それぞれのクラスがエプロンの色を輝かせ、
”こどもの日”へ向けて
かぶと作りに、こいのぼり作り…
日々創る喜びを感じて過ごしています。

 

そんな中、新5歳児クラス うみ・そらになったこどもたちは、

“つよくて  やさしくて  かっこいい  うみそらさんになりたい!”

という思いを胸に、長い大きな和紙を何枚も張り合わせた
”大のぼり”を作ることに。
描く絵本も 皆で話し合い 自分たちの気持ちと重なった
『八郎』(斎藤隆介:作 滝平二郎:画 福音館書店)を
描くことに決めました。

「はちろうって かっこいいなあ!」
「はちろうを おおのぼりに かいたらどう?」
「「いいよ~!!」」

 

早速下書きにとりかかります。
「はちろうの て おおきいなあ!」
「どうやってかいたらいいのかなあ…。」
s_したがき[1]

お部屋いっぱいに広がる和紙に圧倒されながらも、描いたり消したりを繰り返しながら、納得がいくまで描きました。

待ちに待った墨入れの日。
腕まくりに足まくりで、気合十分です!
s_しおん ちよ[1]

「おめめのところは ゆっくりゆっくり…」

s_そら[1]

s_りょう しゅうへい[1]

s_ゆめとさん[1]

s_すみいれ[1]

s_まりさん[1]

「がんばったから、おててが まっくろになっちゃった!」

入れ替わり立ち代わり、みんなで交代しながら力強く墨を入れました。
さあ、いよいよ色を塗っていきます…!

 

 

etc, こどもの日

こどもの日をつくる日々

2016年04月26日

「ぼくのうちには こいのぼりがあるんだよ!」
「ようちえんにも こいのぼり かざりたいね」
「だったら つくろうよ!!」
「そういえば かぶとをかぶってみんなであそんだよね」
「かぶともつくろう!!つきほしさんにもおしえてあげようよ」

こいのぼりの絵本を眺めていると、色々な思い出が沸き起こってきました。
大きいクラスの子どもたちから伝わって、こどもの日に向け、
幼稚園中が活気に満ち溢れています。

〈かぶとづくり〉
自分でかぶって遊ぶためのかぶと。
色の紙をちぎり、好きな色をのせていきます。

「わたしは にじいろの かぶとを つくるの!」
s_image1[1]

「わたしがおしえてあげるね。ここをおって、、、」
s_ことゆい[1]

〈こいのぼり〉
クラスごとの個性豊かなこいのぼり。
雲竜紙という美しい和紙に模様や絵を描いて表現します。

「わたしは はさみやさん!じょうずでしょ」
s_はさみ[1]

「おはなを たくさん はったよ。」
「だんだんできあがってきたね!」
s_うみこいのぼり2[1]

5歳の仲間たちにまぎれて、3歳の方の姿も…。
「ぼくも おはな はったよ!」
s_うみこいのぼり[1]

 

 〈4歳のクラス 中のぼり〉
うめぐみ ばらぐみの仲間が大好きになった絵本、『へそとりごろべえ』。
主人公のごろべえを 伸びやかに墨で描きました。
ちゅうのぼり

ちゅうのぼり2

s_あづくん2[1]

ちゅうのぼり3

 

etc, こどもの日

こどものむら 村びらき

2016年02月24日

待ちに待った、こどものむら村びらき。
仲間全員で中庭に集まり、
指揮者さんの合図と共に、歌声が上がります。

 

s_IMG_0016[1]

 

s_IMG_0113[1]

 

♪カランカラン…

「こどものむら はじまるよ!
それぞれのなかまに わかれよう!」

鐘の音が鳴り響き、それぞれの仲間に分かれていきます。

 

《3歳児クラス レストラン》

「いらっしゃいませ おいしいごちそうはいかがですか 」

s_IMG_0199[1]

 

「これもこれも…ぜんぶおいしいのでたべてください!」

s_IMG_0047[1]

 

 

「はい、ぐりとぐらのおはなのすーぷです!」
「ありがとう。わぁ~おいしそうだね!」

s_IMG_0042[1]

 

 

《4・5歳児クラス縦割り のりもの》

「どちらまでですか?」
「すみません。うみえきに行きたいんですが…」
「うみえきですね!ここにすわって まっててくださいね!」

s_IMG_0284[1]

 

s_IMG_0158[1]

 

 

「まがります!だんさにごちゅういください!」

s_IMG_0231[1]

 

カンカンカン…
「はい、おまたせしました おきをつけてどうぞ」

s_IMG_0249[1]

 

 

《4・5歳児クラス縦割り げきじょう》

s_IMG_0214[1] - コピー

 

「おきゃくさん いっぱいだね」

s_IMG_0183[1] - コピー

 

「よし ここのときはまんなかをてらして…」

s_IMG_0189[1] - コピー

 

最後は中庭で、げきじょうさんの合奏をお聴きしました。

s_IMG_0344[1]

 

 

遊びに、お仕事に…
心と体をたくさん使って思う存分に過ごしたこどもたち。
その笑顔は、達成感と喜びで満ち溢れていました。
喜びを胸に、こどもたちの生活はこれからも続いていきます

etc, こどものむら

こどものむらをつくる 2

2016年02月23日

毎日お仕事していると、色々な はてな が浮かんできます。

「どうしたら おいしいごちそうを つくれるのかな」
「こっくさんに おはなし きいてみたいなあ」

「あ~!でんしゃがだっせんしちゃったよ!」
「どうしたら あんぜんうんてんできるのかなあ」

れすとらんのなかまはレストランに、のりもののなかまは
くぬぎ山車庫に、それぞれお話を聞きに出かけることに
なりました。

 

〈レストラン見学〉

s_0017[1]

「おおきなおにく!どんなおりょうりが できるのかな…」

 

s_0065[1]

「どんな きもちで おりょうりを つくっていますか?」
「お客さんが料理を食べた時に おいしいと喜んでもらえるように 気持ちを込めて 作っています」

 

s_A2[1]

 

 

〈くぬぎ山車庫見学〉

特別に 訓練用の運転台を使って 操作させて頂きました

s_0444[1]

「お! こっちが ブレーキか…」

 

帰り道は 一人1枚 自分の切符を買って 電車に乗りました

s_0680[1]

「子ども1枚のところだよ 届くかな?」
「ありがとう …ピッ! とどいたよ!」

 

s_B1[1]

 

 

お客さんのために、
誇りをもってお仕事されている方々のお話しから、
色々な想いを受け取ったこどもたち。

「おきゃくさんに よろこんでもらいたい!」

それはこどもたちも同じ気持ちです。
お仕事に対する想いが増々強くなりました。

etc, こどものむら

こどものむらをつくる

2016年02月22日

「こどものむら しよう!」
「こどものむらって、とてもたのしいところだよ」
「みんなの やりたいことが できるんだよ!」

大きいクラスの子どもたちの呼びかけから始まった
こどものむらの生活。

れすとらん、のりもの、げきじょうの3つに分かれ、
お互いに考えを出し合い、自分たちのやりたいことを表現していきます。

s_ティダリクづくり[1]
「みんなで つくると あっというまだね」

s_針うめばら[1]
「はりしごと どうすればいいの?」
「うえ・した・うえ・したって ぬっていくんだよ」

s_背景[1]
「おおきなきを かいて げきをするときに かざるの」

s_ためしの劇[1]
「おにんぎょうが できたよ!」
「はやく みんなで げきがしたいな。」

s_IMG_0417[1]
「おきゃくさんがたくさんきてくれたらいいね。」
「それならきっぷが たくさん ひつようだね!」

3歳の方たちも、初めてながら、張り切ってお仕事をしています。

s_IMG_0383[1] - コピー
「ここは こうして…っと!」

s_IMG_0355[1] - コピー
「はさみやさん わたし とくいなの」
「おきゃくさん よろこんでくれるかな」

つくったもの 一つ一つに子どもたちの想いが詰まっています。
だからこそ、お人形も乗り物もごちそうも、
みんな愛おしくてたまらないのです。

こどものむらの寄り合いでは、大切なことを伝え合います。

s_IMG_0113[2] - コピー
「おひさまぎんこうからの おしらせです!」

s_IMG_0139[1] - コピー
「のりもののきっぷは 3しゅるいあります!」

IMG_0132 (2)
「かぶさんの あいすがたべたいかたは、このちけっとです!」
「たべにきてね!」

待ちに待った村開き。
どんなやりとりが交わされるのでしょうか…。

 

 

 

etc, こどものむら

Copyright© 常盤平幼稚園 | Tokiwadaira kindergarten All Rights Reserved.