常盤平幼稚園

ct̃uO

C[W

カテゴリー別アーカイブ: こどものむら

こどものむらを創る 5.れすとらんのなかま

2018年02月22日

お待たせしました!
つきほしれすとらんのなかまです。

幼稚園のお兄さん、お姉さんから「こどものむらしよう!」と、お誘いを受けてから、毎日、つきほしの仲間で話をしてきました。

「れすとらん、おねがいされたね。」

「おいしいものつくってくれる?って、たのまれたよね?」

「こどものむらを、ようちえんのみんなでつくるんだって。」

「あ!わたしたちがおみせやさんするってことじゃない?」

「つきほしさん、みんなでいっしょにつくろうよ!」

こどもたちの中に、やる気がみなぎってきました。

そこで、どんなごちそうをつくりたいか、早速聞いてみると・・・

「はんばーぐ!」    「かれー!!」
「ぴざ!」       「おみそしる!!」

こどもたちの大好きなごちそうが、たくさん出てきましたが、せっかく、自分たちでつくるれすとらん。普段食べられないような特別なごちそうがいいのでは?と、先生が伝えると「うーん」と考え込んでいたので、また、翌日、話し合うことにしました。

すると、次の日から、少しずつ広がってきました。

「おかおのぱんは?」

「ばすのぱんは??」

「だれもみたことのないたべもの!」

「おきゃくさんが、わ~って、びっくりするもの!」

「みたら、たのしくなるもの!」

「うれしくなる!!」

すると、ある方が、「しずくちゃん」の絵本を持って、みんなに、こう伝えてくれました。
「しずくちゃんのすーぷがつくりたいの!」
「いいねー!!」みんな大賛成です。

「しずくちゃんのおふねをおなべにするのは、どう?」
「すーぷは、いろんないろにしたい!」
一つメニューが決まると、どんどんと想いが溢れ出します。

早速、おなべ作りが始まりました。

s_IMG_0387

「ここは、あかだよね!」

「はやく、にじいろのすーぷもつくりたいね。」

こうして、ひとつずつ、話し合い、時間をかけて、おいしいごちそうが少しずつできてきています。

 

- — - - - - - - - - - - - — -

♬子どものむら 北原白秋

5.子どもの村は 子どもで護ろ
みんなで護ろ
てんでの仕事 てんでに分けて
みんなで励もう

etc, こどものむら

こどものむらを創る 4.流山鉄道の見学

2018年02月08日

のりもののお部屋にて・・・

「おはよー!!おしごとしにきたよ!」と、元気いっぱいにお部屋にやってくる、のりものの仲間たち。
「にじいろのでんしゃをつくりたい!」という想いから・・・
”色が変わるカメレオンでんしゃ”
「そらをとべるのりものがつくりたい!」という想いから・・・
”そらとぶはるかぜとぷうごう”
2つののりものを作ることに決まってから、毎日お仕事に励んでいます。

できあがってきたのりもので、試運転してみると・・・
「ぼくは、うんてんしゅさん!」
「どうぞ、のってくださーい!」

「あれっ?きっぷがないよ!」
「えきもつくらないとっ!!」
実際に運転してみて、こどもたち自身で色々なことに気が付きました。

「でも、きっぷって、どうしてあるの?」
「えきも、どうしたらいいんだろう・・・。」
「えきにいるえきいんさんなら、しってるんじゃない?」

「わかった!のりもののなかまで、わからないことをききにいってみようよ!」
「いいねー!!」

ということで、のりものの仲間たちで、
流鉄流山線へ行ってきました!!

— - - - - - - — - - - - - - -

当日ー。

「おはよー!」
「もう、いく??」
「このひのために、くつみがいてきたんだっ!!」

ドキドキワクワクしながら、のりもののお部屋に集まりました。

たろうバスに乗って、馬橋駅まで出発です。

馬橋駅に到着。
s_IMG_0829

一人ずつ駅員さんに、切符を切っていただきました。s_IMG_0833

「ぱちんって、してくれた!」
s_IMG_0840

「きょうは、よろしくおねがいします!」s_IMG_0845

流山駅まで、電車に乗せていただきました。
s_IMG_0894

「でんしゃ、ゆっくりだねー」
「あんぜんうんてんってことだから、
ゆっくりのほうがいいんだよ!」s_IMG_0859

「ずーっと、のっていたいなぁー」
s_IMG_0858

終点の流山駅に到着すると、
車内で駅員さんにお話を伺いました。

「うんてんしゅさんは、どんなおしごとをしているのですか?」「安全にお客さんを駅まで連れていけるように、運転しています。運転手になるには、たくさんお勉強しなくてはなりません。」
s_IMG_0864

「どんなきもちではたらいていますか?」
「お客さんが気持ちよく、また乗りたいなって思ってもらえるように、ご挨拶など、コミュニケーションを大切にしています。」
s_IMG_0867

~「なぜ、でんしゃがあるのですか?」~

自分たちがわからなくて、困っていることを聞きに来ているので、こどもたちの姿は真剣そのものです。

お話を伺ったあと、なんと!特別に一人ずつ乗務室に入らせていただきました。こどもたちの、その興奮ぷりと言ったら・・・。

 

帰りは、一人ずつ切符を求めて、切っていただきました。
「あれ?かたちがちがうよ!」
「この形は、全部の駅で違っていて、どこから乗ったのか分かるんだよ。」
s_IMG_0872

帰りの道も、電車や、バス、景色を思う存分堪能していました。s_IMG_0901

 

見てきたことや、聞いたことを、どんどん吸収し、自分たちの ”のりもの” の世界が、ますます広がっているようでした。
これからの広がりが楽しみです。
s_IMG_0890

- - - - - - - - - - - - - - -

♬子供の村  北原白秋

4.子どもの村は 早起きばかり
こけこと起きて
朝のうち御本 おひるから外へ
はたらいて歌おう

etc, こどものむら

こどものむらを創る 1.お誘い

2018年01月17日

『おっはよー!!いよいよ こどものむらだー!
たのしみー!!』

 3学期初日、こう言いながら、
幼稚園に飛び込んできてくれた方がいました。

『こどものむら しよう!!』

s_IMG_0234

経験してきたこどもたちが伝え合い、
誘いの輪は5歳のうみそらさんから、4歳のうめばらさん、
そして、つきほしさんへと広がっていきました。

s_IMG_0239

「こどものむらはね たのしいことがなんでもできるんだよ!」

「こどもたちが しぶんたちでつくるんだよ!」

「おそごとをしたり あそんだりするんだよ!」

「のりものにのったり できるよ!」

『ようちえんのなかま みーんなで するんだよ!!』

初めは、大きいクラスの方たちの勢いに圧倒されて、
きょとん・・・? としていたつきほしさんも、「つきほしさんに れすとらん やってもらいたいんだけど・・・いい?」

「おしごとでつかれちゃうと おなかがすいちゃうから・・・
おいしものつくってくれる??」

このお誘いに、”なんだかたのしそう”と、心を躍らせたようで、
「いいよー!!」と、応えてくれました。

s_IMG_0261

「おきかせしたいうたがあるんだけど いっしょにうたおう!」
と、子供の村のうたを、みんなで歌いました。

s_IMG_0254

今年のむら仲間をご紹介します。

◎のりもののなかま

◎あそびのひろばをつくるなかま

◎たのしいことをおみせするなかま

◎れすとらんのなかま

一人ひとりの想いを持ち寄り、それぞれの仲間で
話し合いを重ね、創り上げていくこどものむら。
どのような出逢いや関わりが待っていることでしょう。

楽しみですね!

— — - - - - - - - - - - - - -

♬子供の村  北原白秋

1.子供の村は 子供でつくろ
みんなでつくろ
赤屋根 小屋根 ちらちらさせて
みんなで住もうよ

こどものむら

こどものむら 村びらき

2016年02月24日

待ちに待った、こどものむら村びらき。
仲間全員で中庭に集まり、
指揮者さんの合図と共に、歌声が上がります。

 

s_IMG_0016[1]

 

s_IMG_0113[1]

 

♪カランカラン…

「こどものむら はじまるよ!
それぞれのなかまに わかれよう!」

鐘の音が鳴り響き、それぞれの仲間に分かれていきます。

 

《3歳児クラス レストラン》

「いらっしゃいませ おいしいごちそうはいかがですか 」

s_IMG_0199[1]

 

「これもこれも…ぜんぶおいしいのでたべてください!」

s_IMG_0047[1]

 

 

「はい、ぐりとぐらのおはなのすーぷです!」
「ありがとう。わぁ~おいしそうだね!」

s_IMG_0042[1]

 

 

《4・5歳児クラス縦割り のりもの》

「どちらまでですか?」
「すみません。うみえきに行きたいんですが…」
「うみえきですね!ここにすわって まっててくださいね!」

s_IMG_0284[1]

 

s_IMG_0158[1]

 

 

「まがります!だんさにごちゅういください!」

s_IMG_0231[1]

 

カンカンカン…
「はい、おまたせしました おきをつけてどうぞ」

s_IMG_0249[1]

 

 

《4・5歳児クラス縦割り げきじょう》

s_IMG_0214[1] - コピー

 

「おきゃくさん いっぱいだね」

s_IMG_0183[1] - コピー

 

「よし ここのときはまんなかをてらして…」

s_IMG_0189[1] - コピー

 

最後は中庭で、げきじょうさんの合奏をお聴きしました。

s_IMG_0344[1]

 

 

遊びに、お仕事に…
心と体をたくさん使って思う存分に過ごしたこどもたち。
その笑顔は、達成感と喜びで満ち溢れていました。
喜びを胸に、こどもたちの生活はこれからも続いていきます

etc, こどものむら

こどものむらをつくる 2

2016年02月23日

毎日お仕事していると、色々な はてな が浮かんできます。

「どうしたら おいしいごちそうを つくれるのかな」
「こっくさんに おはなし きいてみたいなあ」

「あ~!でんしゃがだっせんしちゃったよ!」
「どうしたら あんぜんうんてんできるのかなあ」

れすとらんのなかまはレストランに、のりもののなかまは
くぬぎ山車庫に、それぞれお話を聞きに出かけることに
なりました。

 

〈レストラン見学〉

s_0017[1]

「おおきなおにく!どんなおりょうりが できるのかな…」

 

s_0065[1]

「どんな きもちで おりょうりを つくっていますか?」
「お客さんが料理を食べた時に おいしいと喜んでもらえるように 気持ちを込めて 作っています」

 

s_A2[1]

 

 

〈くぬぎ山車庫見学〉

特別に 訓練用の運転台を使って 操作させて頂きました

s_0444[1]

「お! こっちが ブレーキか…」

 

帰り道は 一人1枚 自分の切符を買って 電車に乗りました

s_0680[1]

「子ども1枚のところだよ 届くかな?」
「ありがとう …ピッ! とどいたよ!」

 

s_B1[1]

 

 

お客さんのために、
誇りをもってお仕事されている方々のお話しから、
色々な想いを受け取ったこどもたち。

「おきゃくさんに よろこんでもらいたい!」

それはこどもたちも同じ気持ちです。
お仕事に対する想いが増々強くなりました。

etc, こどものむら

Copyright© 常盤平幼稚園 | Tokiwadaira kindergarten All Rights Reserved.