常盤平幼稚園

ct̃uO

C[W

月別アーカイブ: 2019年2月

こどものむら むらびらき

2019年02月28日

こどものむら むらびらき

仲間ごとに、子どもたちが中庭に集まりました。
指揮者さんの合図と共に、歌声が上がります。

IMG_0191♬ 冬の行進

IMG_0014♬子供の村
さあ、待ちに待ったむらびらきです!!

 

のりものが走ってきました。

≪11ぴきのねこてつどう≫IMG_0049むらを走るのりもの ‟はねるぴょんぴょんでんしゃ”
はねるどうぶつだけで連結されたでんしゃです。
飛ぶ日とお休みの日があるそうです。

IMG_0073「そとにわにいきまーす!」

きっぷうりばIMG_0079「どこまでいきたいですか?」

 

中庭の ‟はっぱとおはなのつきほしれすとらんえき”IMG_0114「おひさま、ある?」
遊びにきてくれた未就園の2歳の方にも、丁寧に対応してくれるえきいんさん

3歳のクラスのれすとらん
≪はっぱとおはなのつきほしれすとらん≫IMG_0063「おひさま1まいです。」

IMG_0068「こんぺいとうのくるぽんきゅーすーぷですね!」
大きいお姉さんにも、きちんとお仕事しています。

 

IMG_0097「かふんだんごのおいしいけーき ひとつです。」
「はーい、わかりました!」

 

遊びの広場をつくるなかま
≪にじとほしとうちゅうのめいろ≫IMG_0051みんなで準備をしているところ

IMG_0135むらびらきと共に、大盛況の外庭です。

IMG_0137 ‟迷路のゴールの先のほしのつり”

楽しいことをおみせする仲間
≪かえるをのんだととさんげきじょう≫

IMG_0223楽しいことをするのが大好きな仲間たち劇の前には、手品を披露してくださいました。

IMG_0227「」

IMG_0228「」

IMG_0234

IMG_0240「」

IMG_0214「」

IMG_0159「」

IMG_0176「」

etc

こどものむらを創る 4.あそびのひろばをつくる仲間

2019年02月19日

“ 迷路を作って、楽しいことをたくさん詰め込みたい ”
そんな想いを持っているあそびのひろばをつくるなかまたち。
どうしたら、お客さんに楽しんでもらえるか、話し合いをしたり、朝から楽しいものを作るお仕事をしたりと、大忙しです。
IMG_3279

色々なものをつくっているけれど、やっぱりつくりたいものは“めいろ“
「せっけいずがひつようっていってたね」
「どうやってつくろう?」
「ちずをつくって、そこにかいたら、どう?」

 

早速、設計図の元になる地図を作りに外庭へ。
「ここにすなばがあって」
「ブランコはどこかな?」
実際に歩きながら描き上げました。P_20190125_100105

出来上がった外庭の地図を持って、あそびのひろばの仲間一人一人が自分の思い描く迷路を描いてみました。
P_20190130_110303「ここは、いきどまりにしようかな?」

P_20190130_110346「ここで、かんかんぽっくりしたら、どう?」

「スタートはここ」
「ここをトンネルにしようかな?」
「とちゅうにけんけんぱもいれよう!」
歩き回って描く方
たいこばしに座り見回しながら描く方
どんな‘めいろ’が出来たのでしょうか?

次の日、それぞれのめいろを見せて、やりたいことを伝え合いました。

P_20190131_110206
「ここがいきどまりなの」
「わかれみちをつくったよ」
「ここをトンネルにしたよ」
「ゴールが2こあるんだよ」
同じことを考えていたね、と喜んだり
一人では思い付かなかった仲間の考えに目を輝かせます!
P_20190213_130315こどもたちが描いた迷路

P_20190213_130330

「仲間のやりたい!おもしろそう!
が詰まった‘めいろ’の設計図が完成しました。

P_20190215_085536

いよいよ外庭での‘めいろ’づくり!
今まで作ってきたものも全部運び出し
迷路の中にいれて遊びました。
その楽しかったこと!
仲間たちでつくった、仲間たちだけの‘めいろ’
もっと楽しくするには、もっと喜んでもらうには、と
話し合いを重ねながら仲間との日々は続きます…。

 

P_20190208_102431こどもたちが、めいろを設置しているところ

P_20190208_102501こどもたちが、考えて、作ったあそびの一つ「ほしつり」

 

 

etc

こどものむらを創る 3.たのしいことをおみせするなかま

2019年02月14日

劇をすることに決まりました!

劇、合奏、影絵、手品・・・お見せしたい楽しいことがあふれて、どうしようかと話し合っていた時・・・

みんなでお集まりの時に読んだ絵本が、楽しくて、楽しくて、
“ このえほんでげきがしたい! ” と、みんなの気持ちが一つになり、決まりました!

その絵本が・・・

01-2305_01

『かえるをのんだととさん』
日野十成 再話
斎藤隆夫 絵

ーある日、お腹が痛くなったととさんが、お寺の和尚さんに相談に行くと、和尚さんは「お腹に虫がいるせいだから、かえるを飲むといい」と教えてくれます。教わったとおりにかえるを飲み込むと、お腹に入ったかえるが虫を食べたので、お腹の痛いのは治ります。
でも今度は、お腹の中でかえるが歩くので気持ちが悪くなり、また和尚さんに相談すると、「へびをのむといい」といわれます。へびの次はきじ、というように前に飲み込んだものを食べる動物を次々と飲み込みます。そして・・・ー

ととさんが次々と飲み込む様子に大笑いしながら、この絵本の魅力にすっかり惹き込まれていったこどもたち。

さっそく劇づくりの生活が始まりました。

「ととさんとかかさんは、おにんぎょうつくろうよ!」

「ここは、かげえにしたらどう?」

と、自分たちで意見を出し合ったり、

「おしごとしにきたよー!」

「おにんぎょうのあしとて・・・まだたりないね!」

「おようふくのそめものするよ!」

と、自ら作ろうとする姿が見られます。

IMG_0349
「みんなでつくると、たのしいね!」

劇に必要なものが、どんどん出来てきて、つくりたい!となった時の、子どもたちのやる気と勢いに驚かされます。

 

 

 

 

etc

さけちゃんのこと

2019年02月13日

2月11日(月)

朝から雪がちらつく寒い日、幼稚園、各家庭で育ててきたサケの稚魚を、荒川に放流しに行ってきました。

IMG_9896
「さけちゃんへ
がんばって たきをのぼってね。
さけちゃん、いつまでもすきだよ。
またあおうね。
げんきにそだってね。
うみでまよわないように いきてね。
さようなら。
そらぐみのなかまより」

こどもたちがさけちゃんに送ったお手紙です。

12月の初めに、約2000匹のさけの卵を、「荒川にサケを放す会」から分けていただき、幼稚園のPTA、各クラス、希望されたご家庭で、卵から稚魚になるまで育て、2月に荒川に放流しています。
1983年から続けている活動です。

 

こどもたちは、この2か月余りさけちゃんと共に過ごしました。

卵の間は、暗幕をかけて暗くしておくので、毎朝、そうっとのぞいては、「さけちゃん、おはよう!」小さな声で挨拶をし、卵から孵ると、
「さけちゃんのおたんじょうびだー!」
「さけちゃん、おめでとー!!」と、喜び、
少し大きくなってくると、ごはん(えさ)をあげたり、お水を替えたりして、共に過ごしてきました。

そんな、仲間のように過ごしてきたさけちゃんを、川へ送り出してきました。

IMG_9890

2か月という短い期間でしたが、こどもたちは、仲間としてさけちゃんと過ごしながら、小さな命と向き合い、きっといろんなことを感じてきたことでしょう。

サケは海で成長し、5年後、匂いを頼りにふるさとの生まれた川へ帰ってきます。
その時、大きくなったサケが帰ってこられるような、きれいな川でいられるよう、私たち大人も、自分にできることから考えていきたいです。

etc

こどものむらを創る 2、のりもののなかま

2019年02月07日

初顔合わせの日から、話し合いを重ね、
ようやく1台目ののりものが完成しました。

ー1台ののりものが出来上がるまでー

こどものむらでは、仲間が行きたいところへ行けるように、のりものが走ります。

どんなのりものを作りたいか、考えるところから、お仕事が始まります。

「きょうりゅうののりものがつくりたい!」

「ティラノサウルスとか!ステゴサウルスとか! 」

かっこいいものが大好きな方たちの目が輝きます。

「でも…こわくて小さいかたはのりたがらないんじゃない?」

「みんなが乗りたくなるようなのりものがいいよ!」

「やさしいきょうりゅうがいいな」

話し合っている中で、

「これは?」と、見せてくれた絵本は・・・

1186-1

『11ぴきのねこ どろんこ』
作 馬場のぼる(こぐま社)

お集まりで楽しんだ絵本でした。

「このきょうりゅうなら、みんな好きになるんじゃない?」

大笑いして、みんなで楽しんだ絵本。これには大賛成です!

そして、1台目ののりものは、11ぴきのねこのきょうりゅうのジャブのばすを作ることに決まりました!

早速、中庭で大きなダンボールに、きょうりゅう ”ジャブ” を描き始めました。

IMG-6015「このくらいかなー?」

IMG-6011
「かお、いいねえ!」

IMG-6018「もっとおおきく・・・かな」

「こんどはぼくがかくね」

 

代わるがわる鉛筆を持って、たくさんやり直しながら描きました。

ようやくできたきょうりゅうを形に切り、のりものの仲間みんなで色貼りです。

IMG-6023「やっぱりおおきいなぁ。」
「よし、みんなではるぞー!!」

IMG-6024「のりをつけて・・・。」

IMG-6025

「もっとかみちょうだい!!」

「みて!だんぼーるぜんぜんみえなくなったよ!」

顔も、絵本を見ながら丁寧に貼り、何日もかけて、やっと完成でしました!

今や幼稚園じゅうの誰もが知っている、大人気ののりものになっています。

名前も話し合い、

『11ぴきのねこのどろんこ じゃぶばす』に決まり、ますます愛着を持って運転しています。

 

etc

Copyright© 常盤平幼稚園 | Tokiwadaira kindergarten All Rights Reserved.