常盤平幼稚園

ct̃uO

C[W

月別アーカイブ: 2017年1月

こどものむらを創る ~つきほしれすとらんのなかま~

2017年01月31日

つきほしさんで、集まっていた時のこと・・・

「れすとらん、おねがいされたね・・・」

「どうしようか・・・」
「ねえ!わたし、れすとらん、したことあるよ!」

得意気に伝えてくれたのは、いつも砂場で、とろっとろのおいしいケーキを作って、みんなに振舞っている方でした。
そう!つきほしさんは、ごちそうを作るのが、大好きなのです!

早速、次の日から、どんなごちそうを作りたいか、
話し合いが始まりました。
「からあげは、どう?」
「ピザ!」
「おこさまらんち!」
みんなの大好きな食べ物が次々と挙がっていたのですが、
『おはなのすーぷはどう?』
と、一人が伝えてくれたのをきっかけに、ぐんと世界が広がり、
「はっぱもいれたら?」
「おっきいぱん、つくりたい!」
「ゆきのあいすはどう?」
「あっ、ゆきのひのアイスクリーム よんだことあるね。」
少しずつ、食べたことのないごちそうが浮かんできました。

そして、もう一度、「ゆきのひのアイスクリーム」の絵本を
みんなで読んで、ゆきだるまアイスと、ゆきだるまを転がして作るための雪山を作り始めました。

IMGP0102

IMGP0104

雪山完成!!
このつめたーい雪山をころがすと、
ゆきだるまアイスが出来上がるのです。IMG_0316

「つめたくて、あまくて、おいしいよ!」
IMG_0313 (2)

ゆきだるまアイスも、この雪山も、こどもたちの小さな手で、一つ一つ、新聞紙を丸め、和紙を貼り、雪山の和紙は、染めるのも子どもたちがしました。
ゆきだるまの顔も、子どもたちが、想いを込めてつけています。

初めてのこどものむらー
けれど、普段の生活や、大好きな絵本の世界と繋がって、
心躍らせているのを感じます。
未知なこと、目に見えないものを想像し、心をたくさん動かして、もっともっと美味しいごちそうを作っていきます!!

 

 

 

etc

こどものむらを創る ~のりもののなかま~

2017年01月30日

こどものむらに、のりもの第1号ができました!
(まだ、完成ではありませんが・・)

「ぐりとぐら」のでんしゃです!!

image5

うれしくて、うれしくて、幼稚園中を、色々なエプロンの色の
仲間を乗せて、何度も何度もまわっているこどもたち。

この1台ののりものには、仲間たちの話し合った時間と、
心を込めて作ってきた想いも、たくさん乗せています。

「ねえ、ぐりとぐらのでんしゃをつくったら、どう?」
仲間の中から出た、この一言に、『ぐりとぐら』の世界が一瞬で広がり、どんなぐりとぐらのでんしゃにしたいか、みんなで話し合いをしました。

そして、ようやく形が決まり、子どもたちが、段ボールに下絵を描き、切ったものに色を貼っていきます。

「まずは、かみをやわらかくして・・・」
s_IMG_1254

 

「ここは、ぼうしだよね?」
s_IMG_1265

 

「おはよう!おそくなってごめん!!」
「おっ、なかなかいいねえ。」
s_IMG_1278

 

のりもの第1号とあって、みんなとても張り切っています。

「きょうできあがったら、あしたは、うごかせる??」
「はやくのりたいなぁ・・・」
s_image3

s_image2

こんな風にして、むらを走るのりものは作られています。

 

次は、テラスで、染め物が始まりました!s_IMG_1293

これは、どんなのりものになるのでしょう。
次回をお楽しみに!!

etc

こどものむらを創る 2 ~なかまにわかれて~

2017年01月17日

4歳、5歳児の子どもたちは、それぞれのしたいものを決め、
こどものむらの仲間の生活が始まりました。

それぞれのおへやの様子を、少しのぞいてみましょう・・・

《のりもののおへや》

みんなで、こどものむらに走らせたい、のりものの絵を描いているようです。

それぞれ、のりものに対する熱い想いをもって集まっているので、描き出した手は止まりません。
「ぼくは、こんなのがつくりたいの。」 s_IMG_1189

 

「わたしは、ここにおはながあって・・・」 s_IMG_1193

s_IMG_1208

 

「わたしは、みーんながのれるおおきな・・・」 s_IMG_1215

 

一人ひとりが、頭の中にイメージしているのりものを絵にし、
その絵を共有しながら、みんなでどんなのりものを作りたいか、話し合って、一つ一つののりものを決めていきます。

さて、これからどんなのりものができてくるのでしょう?

とても楽しみです。

 

《ゆうびんきょくのなかま》

「どんなおてがみを作りたいか」
みんなで、話し合っているようです。
「〇〇〇〇〇〇のおてがみをかんがえたんだけど、どう?」

「いいねえ!!」

s_IMG_1204

 さて、どんなおてがみができるのでしょう・・・

《オーケストラのおへや》

離れのオーケストラのおへやから、すてきな音色が聴こえてきました。

早速、演奏をしているようです。

「がっそうがしたい!」という気持ちで集まった仲間たちなので、すぐに息がぴったり!! s_IMG_1201

 

まだまだ始まったばかりの生活。

これからどんな世界が広がっていくのか、楽しみです。

etc

こどものむらを創る 1 ~はじまり~

2017年01月16日

3学期が始まり、経験のある大きいクラスの方たちから、
こんな声が上がりました。

『みんなで、こどものむらしよう!』

「いいねえ!」

「わたし、のりものがいいなぁ」

「おてがみをとどけるゆうびんきょくもいいよね!」

「がっきもえんそうしたいな!」

「おなかがすいちゃうから、つきほしさんには、れすとらんおねがいしたいな~」

「れすとらん、たのしかったよね!」

「つきほしさんしらないんじゃない?おつたえしにいこうよ!」

想いはどんどん溢れていきます。
早速、うみ、そら、うめ、ばら(4,5歳児のクラス)の仲間で、つきほしさん(3歳児のクラス)のおへやに行き・・・

『こどものむらしよう!!』
s_IMG_1085

「つきほしさんには、れすとらんをおねがいしてもいい?」

「レストランって、なに?」と、つきほしさん。s_IMG_1090

すると、お兄さん、お姉さんから、

「もうね、おしごとしておなかがすいちゃうから、たいへんなんだよ!」

「おきゃくさんいっぱいくるんだよ。」

「でも、たのしいよ!
ぱんつくったり、すきなものつくれるんだよ!」

身を乗り出してお伝えしてくれるその様子に、
つきほしさんも、『いいよ!!』と、応えてくれました。
s_IMG_1084

これから、
4、5歳児のクラスのこどもたちは、
・のりもののなかま
・ゆうびんきょくのなかま
・オーケストラ(げきじょう)のなかま
の3つの中から、自分が選んだなかまに分かれて、縦割りの生活が始まります。
(3歳児のクラスは、2クラスで一緒にレストランを創ります。)
それぞれの想いを持ち寄り、話し合いを重ね、みんなで創り上げていく、こどものむら―――。

今年は、どんなむらが創られていくのでしょう。

どうぞ、お楽しみに!!

etc

さけちゃんしんぶん

2017年01月06日

1月6日

3学期が始まりました。

子どもたちの元気な声が、幼稚園じゅうに響き渡ります。

それぞれに、すてきな冬休みを過ごされたようで、

ぐんと大きくなった子どもたち。

エプロンも少しきつくなったように感じます。

そして、幼稚園のさけちゃんも、大きくなってきました。

オレンジ色をした、大きなお腹のお弁当も、ほとんどなくなり、

銀色に光り、急に「さけ」らしくなってきました。

s_img_0908

- - - - - - - - - - - - - - -

11月のある日、4歳のばら組さんで、
「みんなで、しんぶんがつくりたいの!」と、
お兄ちゃんが小学校で作った「かたつむりしんぶん」を
持ってきた方がいました。

そこで、ばら組さんでは、「さけちゃんしんぶん」を作ろう!と、幼稚園にさけちゃんの卵が来てから、
こどもたちが記者になって、絵を描きため、
こんな新聞ができました。

ー「さけちゃんしんぶん」第1号です!ー
s_img_0898

「うまれたよ!」
s_img_0891

「おおきくなったよ!」
s_img_0856

さけちゃんしんぶん第2号をお楽しみに!!

etc, 日常

Copyright© 常盤平幼稚園 | Tokiwadaira kindergarten All Rights Reserved.